映像メディア基礎講座

この講座では、映像メディアやコンテンツに関する基本的な知識を学びます。映像をメディアやコンテンツという視点からマクロ的に俯瞰すると同時に実際の映像制作というものを理解し、これから自分たちがどんなことを学ぶべきかを考察していきます。最終的にこの講義を通じて自分の映像への関わり方を発見してもらえればと思います。

 

講義は次のような内容で構成されます。

 

1) さまざまな種類の映像に触れる。
映像にはさまざまなジャンルや種類があります。講義ではたくさんの映像に解説を加えながら紹介していきます。それぞれの映像に触れ、感じたり、考えたりすることで映像を理解するチカラを養います。

 

2) さまざまな映像にある技術や表現テクニックを分かりやすく説明する。
映像の紹介とともにその周辺や背景の情報やそこにどのような技術や表現方法が使われているを分かりやすく説明していきます。

 

3) 映像について自分で調べたり、映像に接することの楽しさや関心を引き出し、映像に対する創作意欲を促します。
自分でも映像を探してみたり、その中身についての理解を深めるために調べたりすることを学びます。

 

4) 映像メディアやコンテンツ業界の現状を理解する。
制作についての情報だけではなく、日本国内のコンテンツ産業の現状、世界から見たコンテンツ産業の全体像を理解することで、日本とそれ以外の国の映像における環境がどのように違うかを明らかにしていきます。

 

また、日本のコンテンツ産業における問題点、課題点も浮き彫りにしていきます。

まずはコンテンツやメディア、映像というものをなるべく広い視野で捉えていくようにしましょう。


PDF