先端映像表現技術論第8回 時間を駆使する -タイムラプス-

映像は視覚とは違って外的な意図がはいっているという話は他の講義で述べてきました。

撮影時の条件と再生時の条件を変えることで映像に変化を与えることも出来ます。

今日はそのいくつかの例を上げながら映像のことを考えていきましょう。

撮影時のfpsと再生時(編集、上映時)のfps


FLOW MOTION フロウモーション

タイムラプスの新しい表現手法です。タイムラプスの撮影は今まで定点撮影が基本でした。そこへ移動しながら、あるいはカメラワークも同時にしながら撮影する手法が生まれました。


PDF