先端映像表現技術論第6回 モーションコントロールカメラ

モーションコントロールカメラとは、コンピューターで制御する事が出来るカメラ、あるいはオペレーションすることをいいます。
1975年「スターウォーズ」シリーズを手がけたジョージ・ルーカスが設立したILM(Industrial Light & Magic)というVFX工房、そこでジョン・ダイクストラが作ったDykstraflexという工業用ロボットアームが最初とされています。ダイクストラは同じ動きを何回も繰り返すことの出来るこのカメラによって、宇宙シーン、追跡シーンなどを多重露光やマスク合成で制作しました。

モーションコントロールカメラの特徴
1) 同じ動きを繰り返すことが可能
2) CGカメラへの双方向データの受け渡しが可能

モーションコントロールカメラの最大のメリットは、同じ動きを繰り返すことが出来ること。そのため、
多重露光
マスク処理が可能になります

あるいは
CGにデータを受け渡すことが出来る
逆にCGから動きを持っていくこともできるので、CGとの合成なども可能になります

しかし、近年はマッチムーブソフトの解析が進み、モーションコントロールカメラからCGにデータを受け渡すことはほとんどなくなりました。

最近は、場面転換や同ポジの中のギミックなどに用いられています。

 

ノードのこと
節、交点、結節点のこと
構造体

プレビズ
CGI/VFX
デジタルアニメ
スキャンニング プォトスキャン レーザースキャン
ヴァーチャルリアリティー
プリンティング
プロジェクションマッピング
モーションコントロールカメラ
デジタルダブル
エモーショナルキャプチャー
イメージベースドモデリング
カメラマッピング
S3D


PDF