先端映像表現技術論Emerging Technology of Images

この講義では、最先端の映像に関する表現手法を技術的、演出的なアプローチから分析、解析、解説していきます。実写、アニメ、CGI、VFXの各分野におけるトピックスなテーマ、キーワード、特殊機材について実例を示しながら解説していきます。

(主な講義予定)
360°パノラマ映像
立体映像S3D
トゥーンシェーダーToon Shader(デジタル3Dアニメ)
モーショングラフィック
ミュージックビデオ
クロマキー合成
HDRとIBL
プロジェクションマッピング
ホログラフィック映像
タイムスライス
タイムラプスとハイスピード
プレビズ
ドローン
ジンバル

デジタルアニメ デジタルアニメの歴史と表現
背景撮影
トゥーンシェーダー

VFX

さまざまな視覚効果
カット編集による視覚効果
一番単純ないわゆる同ポジ効果
ダブラし効果
画像や映像を重ね合わせる
Forced Perspective 強制遠近法
パースペクティブを強制的に似せることによる視覚効果
アドミックス効果
光や爆発、光線など
Anamorphic Illusion(歪視)
パースを利用した視覚効果

Optical illusion(錯視)
そもそもの錯視効果

CGI
モーションキャプチャーとフェイシャルアニメーション(エモーショナルキャプチャー)、デジタルダブル
プロジェクションマッピングとカメラマッピング
HDR合成、HRI、IBL(イメージベースドモデリング)

実写
S3Dステレオスコピックス
HFR
4K、8K

映画を語る
TRONとTRON LEGACY

マッチムーブとモーションコントロールカメラ 実写同士、実写とCG、VFXの融合
マトリックスとタイムスライス、タイムスカルプト
合成、クロマキー

(保留中)
スキャンニング フォトスキャン レーザースキャン
ヴァーチャルリアリティー
3Dプリンティング

映像とは? さまざまな映像表現技術を学ぶ
映像と映像にまつわる表現技術を理解していく。映像を見た時にこれがどのように作られているのか考えたり、考察したりしていく。

メディアとコンテンツを学ぶ
映像を「情報」「メディア」「コンテンツ」という観点からみていくと何が見えてくるのか。

デジタルアニメ その歴史と表現技術
CGIについて その歴史
CGIについて 表現技術
VFXについて その歴史と表現技術
プレビス その歴史と表現技術
S3D立体映像について
プロジェクションマッピング
クロマキーについて
フィルムメイキング フィルムルックとは
モーションコントロールカメラ

映像に関わるということ


PDF