VFX実践コース

VFX実践講座は、VFX基礎講座の上級コースにあたります。

基礎講座でAfter Effectsで基本を学んだ後、実写とCGやエフェクトに関して自分で構築していく事を学びます。

基礎コースでは、理論というよりもチュートリアルを用いてハンズオンでこうやりなさい、と言われた事をただ単にやって来ただけだと思います。
それでは、実際のクライアントの要求に応えたり、新しい表現を創り出す事は出来ません。

そこでVFX実践講座では次のようなことをやっていきます。

  • 自分で理論を考える
  • 自分でワークフローを組み立てる
  • 自分で結果を評価する

具体的には次のようなテーマをティーチイン的にディスカッションしながら考えていきたいと思います。

  1. なじませについて
  2. カメラマッピングの手法
  3. スケール感を出すために
  4. マッチムーブ
  5. フェイクアニメーション
  6. 光る、グロー、輝き、スパーク
  7. 手描きアニメーション
  8. クロマキー合成

日頃から、VFXの映像や合成について考えるようにしていきましょう。

課題1 デスクトップ合成 机を撮影し、そこにさまざまな別撮りした素材を合成する。例えば、ボール、人形、人、CGモデルなど

合成の結果をお互いに評価し合い、合成する上で何が必要かを理解していく

課題2 同様に屋外の風景を撮影し、そこに別撮りの素材を合成していく。

課題3 課題1、2の動画バージョンを作成 動画になると別の要素が加わる事を理解する

課題4 クロマキー合成を理解する

課題5 マッチムーブ

課題6 3Dカメラマッチムーブ

課題7 エフェクト グローエフェクト

光る、輝くとはどういう現象のことを言うのだろうか?

課題8 エフェクト プラズマ

課題9 光線エフェクト

課題10 パーティクルエフェクト


PDF