先端映像表現技術論第2回 VFX

VFXとはVisual Effects(視覚効果)のことです。

VFX: Going Behind The Magic, Episode 1: ILM Creating The Impossible

今日はVFXに関して学んでいきたいと思います。

まずはVFXの歴史から

VFXの歴史はどの辺りからだと思いますか?

VFXとSFXについて

VFXとはデジタル時代の合成手法です。

ではアカデミー賞の中の歴代受賞作品、特殊効果賞から視覚効果賞を見ていきましょう

いくつかVFXの手法を紹介していきたいと思います。

マッチムーブ

カメラの動きを画像分析から解析して三次元空間の座標に変換する、そのデータを3DCGに渡し実写とCGの合成を可能にしていきます。
マッチムーブのためのソフトウェアは昔は高価で時間の掛かるものでしたが、最近はAfterEffectsでも解析が可能になりました。
今日は実例を見せながらその原理を解説したいと思います。

クロマキー

クロマキーというのは、色相の事です。色相からある色相を透明にして抜く事をクロマキー処理、クロマキー合成と言います。
クロマキーにはブルーバックとグリーンバックがあります。
なぜこの色を使うかというとクロマキーは人を抜くことが多いので人の肌色の補色反対の色であるブルーが用いられました。その後デジタルの時代になってブルーよりも色の再現や輝度を保持出来るグリーンが用いられるようになりました。

クロマキーの技術自体はある特定色の成分を透明にして背景と合成することを指します。

マットペインティング

昔はグラスマットとも呼ばれ実際にカメラ前にガラスを置きそこに直接マット画と呼ばれる絵を描いて生で合成していました。オズの魔法使いや風と共に去りぬなどがそうです。


PDF